本番の朝です。
朝食前に担任の先生方から、気合を入れるようお話がありました。
朝食をきちんと摂るのも、大切な準備です。
しっかり食べて、備えます。




まず、B1グループに、続いてB2、そしてAと、小遠泳に臨みます。
気持ちが引き締まったためでしょうか、泳ぐ隊列も引き締まって、一層整ってます。
Cグループのミニ遠泳を見ていると、伸びのある安定した泳ぎが出来ているのが分かります。
もちろん、B1、Aグループもです。
『昨年に比べると、ぐっとよくなってきました。
でも、君たちは、もっとできるはずです。
午後の本番の時は、最高の泳ぎを目指してください。』
泳ぎ終わった後に、伴泳の先生方からおほめの言葉も出ました。
うれしい言葉を頂いて、疲れもふきとんで、笑顔になりました。

今日は、松井先生が終日、浜にて子ども達の健康管理にご協力下さいます。
~松井先生の言葉より~
『海で泳ぐのは、わくわくすると思います。
でも、ヒヤリとすることもあるでしょう。それも良い経験です。
海は楽しいところですが、そういうこわい面もあると知っておいて下さい。』
この海で育っておられる先生ならではのお言葉でした。



今日の昼食は、てこね寿司と、お吸い物です。
しっかり食べて、しっかり休息。

午後の本番に向けて。




Aグループのミニ遠泳後、いよいよB2グループの遠泳本番です。
『大丈夫やから!絶対!午前中も良かったよ。』
入水前に、伴泳の先生方から、声がかけられます。
さぁ、気合を入れて、本番に挑みます。

”We are one!!"

掛け声と共に入水しました。
『エーンヤコーラ、エーンヤコーラ!』(一人ひとりの名前を呼びます)
伴泳の先生と浜からの熱い応援を受けて、がんばりました。
…そして完泳!!おめでとう!!

浜ではみんながアーチをつくって出迎えました。
文字通り『感動』が浜にあふれました。

B2グループの完泳を目の当たりにして、緊張感が漂う中、Bグループの入水です。
『ドーン、ドーン』という太鼓の音と、浜からの『がんばれー!』
という掛け声が聞こえる中を進みます。
B1グループは45分間泳ぎ続けます。
まさしく『言うは易く行うは難し』
伴泳の先生達からの『大丈夫!いいよ!その調子!』という励ましと、
浜からの大声援『エーンヤコーラ』に押されて、
自分の限界を超えていく子ども達。

最後のカーブを曲がった時、浜に浮き輪の花が咲きました。
白い浮き輪を掲げて声をふりしぼって応援してくれる友だち。
両手でつくる花道のトンネルで完泳者を迎えます。
『おめでとー!』
大歓声と拍手が響きわたります。
不安で泣いたこともあったのが噓のようです。
『努力は実る』 『努力は裏切らない』と証明してくれました。







テキスト準備中





テキスト準備中






テキスト準備中